火災保険は空き家と住居では異なると聞きました。どのような違いがありますか。 - 火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp – 京都保険ナビ | 京応保険設計

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険は空き家と住居では異なると聞きました。どのような違いがありますか。

火災保険の新規加入

火災保険は空き家と住居では異なると聞きました。どのような違いがありますか。

2021年11月26日

【ご相談事例】

火災保険は空き家と住居では異なると聞きました。どのような違いがありますか。

【ご回答】

火災保険は住居にかけるものと、事務所や店舗等、または工場にかけるものとで、そのリスクに応じて保険料率が異なっています

空き家の場合は、同じ空き家でも、建物の用途により火災保険料率が異なるので、注意が必要です。

 空き家の主な用途として、下記の例があります。

①店舗等に使用される可能性があり、住居として使用される可能性のないもの
②建売業者等が所有する販売用の一戸建住宅
③営業用の貸別荘、モデルルーム等
④常時居住の用に供しうる状態にあるもの
⑤季節的に住居として使用される建物(別荘等)

①~③は住居ではなく、空き家物件料率での保険料

④は職作業ありの住居(併用住宅)料率での保険料

⑤は住居料率での保険料

以上のように、同じ空き家でも、用途により保険料率が変わります。

上記の例の場合、保険料は①~③>④>⑤となります。

火災保険加入の際には、しっかりと申告して正しい保険料率で加入しましょう。

また、保険期間の途中で用途が変更となった場合でも、保険会社への通知義務がありますので、必ず通知するようにしましょう。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

保険見直しラボ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 加藤弘幸

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 京応保険設計

営業時間/月~金曜 10:00~17:00

TEL:075-241-2608/FAX:075-241-2675

〒604-8166
京都市中京区三条烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル2F

公共交通機関をご利用の場合

地下鉄烏丸線烏丸御池駅6番出口下車1分
※1階のスターバックス、大垣書店が目印です。

お車をご利用の場合

みずほ銀行京都中央支店のコインパーキングをご利用下さい。
※2時間まで無料でご利用いただけます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク

このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kir013221/public_html/hokensoudan-minaoshi/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678