学資保険は、「夫の契約」を基本として話をされますが、なぜですか? - 学資保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp – 京都保険ナビ | 京応保険設計

HOME > 目的別保険相談 > 学資保険は、「夫の契約」を基本として話をされますが、なぜですか?

学資保険の新規加入

学資保険は、「夫の契約」を基本として話をされますが、なぜですか?

2011年06月08日

【ご相談事例】

共働きの夫婦です。夫は27歳、子どもは2歳の女の子と3ヶ月の男の子です。

子ども二人それぞれの学資保険を検討しています。

学資保険は、「夫の契約」を基本として話をされますが、なぜですか?

子どもは二人とも夫の扶養なので、夫が契約者のほうが税制上有利になるのでしょうか。例えば長女は夫、長男は私が契約者、とすることは可能でしょうか。

【ご回答】

ご主人が契約者になるケースが多いのは、保険料負担者=ご主人のケースが多いからです。学資保険 の最大の特徴は保険料を積み立てている途中で何らかのアクシデントがたあった場合、以後の保険料は支払わなくて良い、というところにあります。

仮に「保険料負担者=ご主人」で「契約者=奥様」ですと、万が一の際も保険料を支払い続けなければなくなるのです!

ただし、共働きの場合やご主人に十分な死亡保障が付いている場合は「奥さま=契約者」にして、生命保険料所得控除の恩恵を受けるケースもございますので、ご家族の環境にあった学資保険を選びましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

保険見直しラボ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 加藤弘幸

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 京応保険設計

営業時間/月~金曜 10:00~17:00

TEL:075-241-2608/FAX:075-241-2675

〒604-8166
京都市中京区三条烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル2F

公共交通機関をご利用の場合

地下鉄烏丸線烏丸御池駅6番出口下車1分
※1階のスターバックス、大垣書店が目印です。

お車をご利用の場合

みずほ銀行京都中央支店のコインパーキングをご利用下さい。
※2時間まで無料でご利用いただけます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク